吉祥文様とは

古来、縁起が良いといわれる物や動物などを図案化して着物などの模様にしたものです。

長寿:鶴と亀、松竹梅。
富貴:七宝(無限の子孫繁栄)、打ち出の小槌
多産:ザクロ
夫婦円満:オシドリ
発展:扇、鯉
栄光:龍、月桂樹
健康:麻の葉

などたくさんありますがその中の

具象文様に分類されるなかに
「宝尽くし」(たからづくし)という文様があります。
つまり縁起のいいものを特に宝物を集めてそれを文様にしたのです。


打ち出の小槌 ウチデノコヅチ :大黒様が持っている打ち出の小槌
如意宝珠 ニョイホウジュ:願いのかなう宝の玉
宝鑰 ホウヤク :金蔵を開ける鍵
金嚢 キンノウ :金銭を入れる財布
隠れ蓑 カクレミノ :これをかぶると災難を逃れる。
金函 キンカン : お金をしまう箱

この文様が入ったまことにお目で出たい図柄の財布が
「金 宝づくし」になっています。

このページの先頭へ