古くなった財布の処分、捨て方について



古くなった財布の決まった捨て方はありません。

「そのままゴミ箱に捨てて良い」のです。

いままでいつも一緒だった財布なので感謝を口にして捨てましょう。

こだわりがあって
もったいない、捨てられない気持ちがある場合は保管するべきです。

捨て方ですが処分するときに、裸で捨てずに紙にくるんで丁寧に捨てる方法があります。

新聞紙や使いずみの包装紙で包んでごみ箱にすてます。

もっと感謝したいときは、処分するときに包む紙を家庭で印刷して
捨てる方法があります。処分専用のイラスト入りの用紙になっています。

財布屋からダウンロード出来ますのでそれで包んで捨てると安心です。

地蔵絵作家の作品のイラスト入りです。無料で提供されているのでこのPDFを使ってもいいでしょう。

財布屋の財布処分 ⇒ 財布処分用メッセージシートのダウンロードページ

財布処分用地蔵イラスト


新聞紙などでくるんで捨てる。

私は、新聞紙でくるんで捨てています。

ほんのささやかな感謝の気持ちですから、「どうもありがとうございました」
と感謝を口にして捨てています。

あまりこだわらないで、すっきり捨てればよいわけです。

とてもこだわりがあって捨てられない方は、捨てないで保管していればよいのです。

あなたのやりたいようにすればよいので、気持ち次第でどうにでもできるということです。


「紙にくるんでごみ箱に捨てる」が一番良いと私は考えています。

感謝の気持ちを持って捨てたい方に、お地蔵さんイラスト入りのデータを提供している財布屋からダウンロードして印刷して包んで捨てればパーフェクトですね。

金運、開運財布を販売している財布屋にも詳しいページがあります。

もっと知りたい方はご覧ください。
そして、新しい財布も見つけてください。
運気上昇や開運財布がいっぱいあります。


財布屋 ⇒ 古い財布の処分の仕方

このページの先頭へ